厚木市で物置を撤去・処分する方法と費用
厚木市で不要になった物置を撤去・処分する場合の費用や作業時間の目安を紹介しています。取り外しの手間や処分費用を抑えるには、厚木市の便利屋岩美におまかせください。

厚木市の物置の撤去・処分はお任せください!

厚木市で物置を処分する

 

厚木市で物置を処分する方法は、以下が挙げられます。

処分方法  費用の目安 手間

解体後に粗大ごみとして処分
(戸別収集を利用)

500円 × 大変

解体後に粗大ごみとして処分
(環境センターへ持ち込み)

500円 × 大変
不用品回収業者を利用する 要見積もり ○ 簡単
買取業者を利用する 0円(プラスになる場合あり) △手間がかかる
個人売買を利用する 0円(プラスになる場合あり) × 大変
便利屋「岩美」 要見積もり ○ 簡単

 

自力で解体して粗大ごみとして処分する方法が、最もリーズナブルです。

 

ただし、物置の解体や運搬などの手間がかかります。 コストよりも手間の削減を優先したい場合は、業者に依頼するのが無難です。

 

物置の処分に悩んでいる方は便利屋「岩美」にお任せください。物置の解体から処分までしっかり対応します。

 

処分費用は、物置のサイズや解体・運搬にかかる工数などにより異なります。

 

お見積もりは無料なので、お気軽にご相談ください。

 

お問い合わせはこちら

\ ぜひお気軽にご相談ください。相見積もりも大歓迎です! /


厚木市の便利屋 岩美(いわみ)


※電話が出れずに折り返す場合はこちらの番号「070-8331-6113」よりかけ直します。

 


厚木市で物置は粗大ごみとして処分※要解体

厚木市では、以下のサイズに解体した物置は粗大ごみとして処分できます。

  • 高さ1.8メートル未満
  • 幅1.8メートル未満
  • 奥行き0.9メートル未満

 

解体後の物置の処分料金は以下の通りです。

一辺の長さが50センチメートル以上の物置 粗大ごみとして1点500円

 

それ以外のサイズの物置は自治体サービスを利用して処理することはできないため、購入先に相談するか、専門業者に依頼する必要があります。

 

自治体のサービスではなく、業者を利用して物置を処分する際は、利用業者により料金が変わります。

 

解体・搬出から処分まで全て任せられるので便利ですが、自治体サービスを利用する場合よりもコストはかかります。

 

とくに物置の処分費用は高額になる可能性があるので、あらかじめ見積りを依頼しておきましょう。

厚木市で自治体サービスを利用して物置を処分する方法

厚木市で物置を処分する際、自力で解体できる場合は、自治体サービスを利用するのがリーズナブルです。

 

自治体サービスを利用する場合の物置の処分方法には、「戸別収集の利用」と「環境センターへの持ち込み」の2通りがあります。

 

それぞれの特徴について詳しく解説します。

 

戸別収集を利用する

厚木市では、解体した物置の戸別収集に対応しています。指定の場所へ運び出しておくと、収集車が回収する仕組みです。

 

1回5点までと制限があるため、複数処分したい場合には注意が必要です。

 

戸別収集を利用する際は、あらかじめ申し込みが必要です。電話もしくはインターネットにて申し込みます。

電話
  • 電話番号:046-225-2790
  • 受付時間:8時30分〜17時15分まで
インターネット

 

申し込み時は、以下の情報を求められます。

  • 住所
  • 氏名
  • 電話番号
  • 品目
  • 点数
  • ごみを出す場所

 

収集場所は、戸建ての門の前や道路に面した場所、集合住宅の敷地内など近くに設定されるケースが多いので、それほど負担になりません。

 

ただし、家の中での収集には対応していません。自力で指定場所まで運び出す必要がります。

 

収集時間の指定はできないものの、朝9時までに指定の場所へ出せば立ち会いは不要なので、忙しい方でも利用しやすいでしょう。雨天時の回収も可能です。

 

なお、粗大ごみシールを購入し、処分する物置に貼り付けておく必要があります。

 

粗大ごみシールの必要枚数や収集日は、申し込み時に案内があります。

 

料金設定がリーズナブルなので、指定場所まで物置を運び出せる方は自治体のサービスを利用するのがおススメです。

 

物置を環境センターへ持ち込み処分する

厚木市では、解体した物置を環境センターへ持ち込むことで処分できます。

 

新型コロナウイルス感染症の影響もあり、申込予約制となっています。申し込みは電話にて行います。

名称 環境センター
電話番号 046-225-2790
住所 神奈川県厚木市金田1641番地1
開所日

 

  • 月曜日〜土曜日(年末年始を除く)
  • 日曜日・第1・第3土曜日は休館日
    (4月・12月・3月の土曜日は全て開館)
持ち込み可能時間
  • 8時30分〜12時
  • 13時〜16時30分

 

なお、環境センターへ持ち込む際は、本人確認書類(免許証等)で厚木市内在住であることを証明するよう求められます。委任状があれば、本人以外の搬入も可能です。

 

環境センターへの持ち込みによる処分方法と戸別収集は、料金が同じです。処理手数料は現金払いです。

 

また、処分する物置のサイズが大きい場合、搬出・運搬が負担になることもあります。

 

環境センターまでの距離が離れている場合は、戸別収集の利用を検討することをおすすめします。

物置を解体する方法

厚木市で物置を粗大ごみとして処分する場合、サイズに規定があるので、大きいものは解体する必要があります。

 

物置の解体を自力でする場合は、以下のように必要なものを準備しておきましょう。

物置の解体に必要な道具 物置の解体に必要な道具

  • 釘抜きハンマー
  • のこぎり
  • バール
  • ドライバー・スパナ・レンチ
  • ハンマー
  • ヘルメットや防塵メガネなどの保護具
  • 脚立
  • 軍手

 

通常、物置を解体する際は上から順番に、屋根、ドア、壁、床の順に取り外します。

 

物置のサイズは様々ですが、高さがある場合は脚立などを利用しましょう。とくに、サイズの大きい物置の解体作業は大がかりになるケースがあるので、人手を確保しておくことをおすすめします。

 

なお、劣化した物置を解体する場合は、解体中に倒壊する可能性もあります。物置にはスチールなどの金属や釘なども使用してあるので、怪我をしないよう注意が必要です。

 

解体作業の手間をかけたくない場合や、サイズが大きく自力で解体するのが難しい場合は、業者に依頼するのが無難です。

不用品回収業者を利用する

自力で物置の解体や処分などをするのが難しい場合や手間をかけたくない場合は、不用品回収業者を利用するのが手段です。

 

不用品回収業者であれば、解体から処分まで依頼できます。以下のような要素によってコストが異なるので、複数社見積もりを依頼しましょう。

厚木市で物置を回収業者に依頼する 作業料金に影響する例

  • 利用する業者
  • 作業時間
  • 作業工数
  • 物置のサイズ
  • 搬出環境…など

 

とくに、プレハブ物置などサイズが大きく解体作業に手間がかかる場合は、費用が高額になる可能性があります。コストを抑えられるよう、慎重に利用業者を選択しましょう。

 

見積もりを依頼する際は、物置の種類や大きさを正確に伝えられるよう、あらかじめサイズを測っておきましょう。

 

なお、不用品回収業者を依頼する際は、「高額な金額を要求される」「正常に処理されず不法投棄される」などのトラブルに注意が必要です。口コミなどを参考に、信頼できる業者を選びましょう。

買取業者を利用する

継続使用可能な状態の良い物置を処分する際は、買取業者の利用を検討するのも手段です。

 

買取業者に引き取ってもらえれば処分費用を削減できることに加え、プラスの収益を得られる可能性があるのが魅力です。

 

ただし、サイズの大きい物置を店舗まで運搬するのは難しいので、出張サービスに対応している業者を選ぶことをおすすめします。

 

なお、物置の状態によっては買い取りが成立しないケースもあるので、その他の方法も検討しておきましょう。

個人売買を利用する

物置は、個人売買で処分することも可能です。

厚木市で物置を個人売買する 個人売買のホ応報は以下が挙げられます。

  • メルカリなどのフリマアプリを利用する
  • ジモティーで直接引き取り手を募集する

 

ただし、サイズの大きい物置は送料、運搬、解体などに高額な費用がかかるケースがあるので、距離がある地域へ配送するのは現実的ではありません。

 

なお、トラブルにならないよう以下のように詳細を打ち合わせておきましょう。

  • 解体が必要な場合は解体費用をどちらが負担するか
  • 配送する場合の送料の負担
  • 現地引き渡しの可否や運搬方法

送料や運搬料などを負担を抑えるため、地元の人に物置を譲りたい場合は、ジモティーを利用するのがおすすめです。

 

処分料金を削減するために引き取り手を見つけたい場合は、「無料で差し上げます」などとアピールしておくのもありでしょう。

 

物置は解体や処分にコストがかかるので、処分費用を削減できるのは魅力的です。

 

ただし、ジモティーは地元の方に対象が限られ、閲覧者が少ないので引き取り手を見つけるのが困難なケースもあります。

 

一方、メルカリなどのフリマアプリは地元の人のみならず全国の人に見てもらえるので、引き取り手を効率的に見つけることができます。

 

物置の処分費用を削減するには、売却もしくは譲る際にかかる費用負担を減らすことが重要です。

 

また、個人売買では代金の未払いやクレームなどのトラブルが発生することもあるので注意が必要です。

物置の処分には便利屋「岩美」にご相談ください

便利屋「岩美」では、物置の解体や処分、もしくは処分のみも対応しています。

 

一般的に使用されているスチール物置から、大きなスチール製物置、木造・プレハブ物置まで、対応可能です。

 

物置の撤去費用のお見積りは無料です。もし料金に納得いただけない場合は、見積り後にお断りいただくことも可能です。

 

物置の撤去で悩んでいる方は、ぜひ、ご相談ください。

 

お問い合わせはこちら

\ ぜひお気軽にご相談ください。相見積もりも大歓迎です! /


厚木市の便利屋 岩美(いわみ)


※電話が出れずに折り返す場合はこちらの番号「070-8331-6113」よりかけ直します。

電話 メール LINEでお問い合わせ